【事例の解決策教えて下さい】

集中期間: 1/22~1/30

【事例】
とある高齢者施設に入居されている男性の事例です。
男性は現在60才後半で元々は知的障害で障碍者施設に
入居をし年を召されてそのまま同一敷地内の高齢者施設へ
移転してきました。

この方はここ数年の内に認知症が進行し、幻覚等がある為か
高い所が登ったりする事があり、直近半年前には貯水槽へ上り
飛び降りて足を骨折。
そのまま入院を経てまた戻ってこられました。

入院前は歩行をされていましたが入院中寝たきりになり
退院後には車椅子を使っています。

歩行能力としてはふらつきが強いです。
地面からの立ち上がりは手すりが有れば何とか立ち上がりますが
ふらつきもあって転倒リスクも高い方です。
歩行もしようとされますがやはり転倒します。

足の力はぎりぎり体重を支える事が出来る程度ですが
本人は認知症の為自分の状態をしっかりと把握しているわけではなく気が付いたら勝手にこけているといった感じです。

車椅子に座ると何故か足を強く突っ張り車椅子の背もたれを押してウィリー状態にする、を五分に一回くらいする為
後方へ転落するリスクがあります。

しかし本人は無自覚なのか癖なのか、止めるように伝えても行動が変わるわけではありません。

環境として車椅子のステップ部分には
後方転倒防止用アタッチメントを付けています。
車椅子のブレーキを止めようとブレーキをかけたまま
進もうとする為、タイヤもボロボロで
ブレーキがとても甘い状態にあり後方転倒防止用アタッチメントも片方が破損し、車椅子自体のフレームも
やや曲がってきています。

不適切であるとわかってはいるものの本人の安全の為
職員は机と壁の間に本人座った車椅子を置いて後ろに
突っ張っても壁で車椅子が倒れないようにガードする
ある意味拘束に近い形をとって対応しています。

それ以外では車椅子を使って自由に移動しますが
職員の目が届かない内に立ち上がり転倒していると
いったこともあり、常に職員が警戒しており
現場の疲弊の原因の多くを占めています。

この方に対してどのように対応すればよいか
是非多くのご意見をお願い申し上げます🙇

皆様からのご意見がこの現場の救済につながります☺️

♪KAFFYを覗いてみる♪
スポンサーリンク
初めてギジロクを読む方へ

まずは説明書を一読下さい。
ギジロクの読み方についても解説をしています。

掲載内容
◎カフィとは?
◎カフィの活動内容
◎サイトマップ
◎参加希望
◎ギジロクの読み方
◎SNSもあります☆

おすすめ ギジロク

【疑問】身体拘束について

KAFFY人気記事ランキング


今月読まれているギジロクはこちら
この記事は約3分で読めます。


スポンサーリンク

 

 

 

 

議題
議題

ずっと、疑問だったこと。
身体拘束は、なぜ、精神科では認知症の施設入所の待機の方にされてるのですか?
原則として、精神疾患のある方に身体拘束をすることは、OKとされていますが、認知症の方まで、身体拘束、OKなんですか?
ベッド上、車椅子上です。
ご飯の時のみはずされる。手首は、真っ赤でした。

 

 


 

セラピスト
セラピスト

元々日本では精神領域の歴史に

精神障碍者の隔離があったと
認識しています。

だからといって精神障碍者や

認知症の方を拘束してはならない
というわけではなく、

あくまで限定解除的に拘束が

されることもあります。

他の方の意見にある通り
自傷等、意識無意識に限らず

本人の命の尊厳を脅かす状況下で、

説明同意の下で仕方なく拘束せざるを

得ない場合もあります。

とはいえ、拘束で本人を傷つけるのは

論外だと思います。

 

 

FB
FB

精神科で 許可されているわけではないですよ。
古くからの名残りで日常的にされている所は

多々有ると思いますがいかなる場合も

家族の許可必要です。

 

病院は身元引き受け人の許可が必要で

入院時に必要手続きの際に

同意を得る文書に同意しない場合は出来ません。

 

虐待とみなされる場合は罰せられますよー

 

FB
FB

身体拘束は違法です
する場合も手続きが必要です。

 

FB
FB

神奈川も数とすれば多くはないですが

行われているのが実情です

 

悲しすぎる現実です

 

 

FB
FB

大阪のいくつかの精神科では、

横行しています。

少なくとも知る限り、8カ所です。

 

 

FB
FB

自分の考えとしては認知症の方への拘束は駄目だと考えます
病院・精神科という場所だから認められた?としか取れないです

 

 

 

スポンサーリンク

 

運営
運営

一見タブーとされている身体拘束に

今、カフィがメスを入れてみたいと

イベント企画中です。

その他、ご意見続けてお待ちしています。

 

 

 

part2へはこちらからどうぞ

【タブー】身体拘束について②~前編
身体拘束について熱く語っていきます。 一読の価値ありです!

 

コメントはこちらから

  1. […] 身体拘束について身体拘束はタブーとされていますが、 必要な時もある。… […]

  2. […] 身体拘束について身体拘束はタブーとされていますが、 必要な時もある。皆さんはどう思われますか?kaffy.work […]

  3. […] 身体拘束について身体拘束はタブーとされていますが、 必要な時もある。皆さんはどう思われますか?kaffy.work […]

  4. […] 身体拘束について身体拘束はタブーとされていますが、 必要な時もある。皆さんはどう思われますか?kaffy.work […]