【自生している果物を食べてしまった事例】

集中期間:  4/13~4/20

【経緯】
実際にあった事例です🙇
対象者:Aさん
年齢:98歳
性別:男性
全体像: 認知症があります。
   既往に脳梗塞があり歩行器で見守りがあれば
   フロア歩行も可能です。
   特別養護老人ホームに新規入居されました。
   入居日は土曜日。相談員の送迎で到着されます。
   私(事例検討者)は当日公休日で翌週出勤の為
   まだ概要しか情報を得ていません。

問題点: 出勤日に初めて会い、挨拶を交わしました。
   歩行器を使って歩かれるAさんの
    散歩に付き添います。
    中庭に到着します。他の入居者もいます。
    他の入居者が一瞬ふらついたので
    目線をAさんから切り
    他の入居者に移してしまいましたが、
    転倒も無く無事であることを確認できたので
    安堵しましたがAさんをふと見ると
    中庭の中央にある柿の木から柿を手に取り、
    一齧りされました。
    すでに食べてしまったAさんは私が止めるのも
    意に介さず二口三口と食べられます。
    Aさんは「昔はよく食べた。
    こうして食べられることは懐かしい」
    とても喜ばれています。
    

    私はどのように対応すべきでしょうか?
    食べてしまった事、その是非も
    併せてご意見下さい。
    
    シチュエーションは似た内容で
    実体験あれば聞きたいです。
    また介護のみならず医療、
    福祉の観点も是非ご意見下さい!🙇

♪KAFFYを覗いてみる♪

現場

おすすめ

【ネガティブを】「死」発言への対応は?【ポジティブに】②

死への受容は我々の仕事の一つなのかもしれませんね。 一度「死の受容」について考えてみませんか?
0
おすすめ

【ネガティブを】「死」発言への対応は?【ポジティブに】①

「死」は逃れらない運命です。 「死」への発言にどのように対応していますか?
0
おすすめ

【必須?】手話と外国語は必要ですか?後編

いい議題でした。 言葉は心で、そこに寄り添えるか。 我々も常に進化が必要ですね。
2
おすすめ

【必須?】手話と外国語は必要ですか?前編

我々の業界にも、外国人スタッフや障害雇用が盛んになってきましたね。 言語での悩みもあるのではないでしょうか? この議題で切り込み、何か参考になれば幸いです!
2
おすすめ

【不安】医療・介護は持続不可?

現行の制度の成り立ちから 我々現場をちゃんと考慮してくれていたのか?
0
おすすめ

【怒り】介護現場の人員配置について

介護の本質を見失いかねないトピックス 果たして、吉と出るのか?
0