【自生している果物を食べてしまった事例】

集中期間:  4/13~4/20

【経緯】
実際にあった事例です🙇
対象者:Aさん
年齢:98歳
性別:男性
全体像: 認知症があります。
   既往に脳梗塞があり歩行器で見守りがあれば
   フロア歩行も可能です。
   特別養護老人ホームに新規入居されました。
   入居日は土曜日。相談員の送迎で到着されます。
   私(事例検討者)は当日公休日で翌週出勤の為
   まだ概要しか情報を得ていません。

問題点: 出勤日に初めて会い、挨拶を交わしました。
   歩行器を使って歩かれるAさんの
    散歩に付き添います。
    中庭に到着します。他の入居者もいます。
    他の入居者が一瞬ふらついたので
    目線をAさんから切り
    他の入居者に移してしまいましたが、
    転倒も無く無事であることを確認できたので
    安堵しましたがAさんをふと見ると
    中庭の中央にある柿の木から柿を手に取り、
    一齧りされました。
    すでに食べてしまったAさんは私が止めるのも
    意に介さず二口三口と食べられます。
    Aさんは「昔はよく食べた。
    こうして食べられることは懐かしい」
    とても喜ばれています。
    

    私はどのように対応すべきでしょうか?
    食べてしまった事、その是非も
    併せてご意見下さい。
    
    シチュエーションは似た内容で
    実体験あれば聞きたいです。
    また介護のみならず医療、
    福祉の観点も是非ご意見下さい!🙇

♪KAFFYを覗いてみる♪
スポンサーリンク
初めてギジロクを読む方へ

まずは説明書を一読下さい。
ギジロクの読み方についても解説をしています。

掲載内容
◎カフィとは?
◎カフィの活動内容
◎サイトマップ
◎参加希望
◎ギジロクの読み方
◎SNSもあります☆

おすすめ ギジロク

【どうしてる?】ミーティングの 理想開催頻度は?

KAFFY人気記事ランキング


今月読まれているギジロクはこちら
この記事は約5分で読めます。


スポンサーリンク

 

 

 

 

議題
議題

ミーティングの理想開催頻度は?

 

 

 


 

メンバー④
メンバー④

理想は毎日ですね

利用者さんの状態は日々変わります。
情報伝達やスタッフの気付き、業務報告など、

月一回で1時間よりも、5分でもいいから

ミーティングするべきでしよう。

まぁ、現状の介護現場では難しいですけど・・・

 

 

メンバー②
メンバー②

 朝の申し送り、夜の申し送り、と

頻度はあるようですが、

あくまでも申し送りで、対策会議というポジションには

ないですしね。

 

難しいですよね

 

 

メンバー⑦
メンバー⑦

そうですね。
でも申し送りは報告・連絡であり相談ではない。

 

やはりミーティングは必要だと思われます。

 

自分は介護の入りがデイサービスだったので、

業務後に毎日侃々諤々とミーティングをやってました。

 

施設介護に携わって~何で毎日やらないんだろ?~と思いましたね。

 

 

メンバー⑨
メンバー⑨

確かにそうですよね。ただ現実は難しく、

そこにサービスの質が関わってきてると思いますよ

 

メンバー⑩
メンバー⑩

目安箱有ったらいいんじゃないですか?
毎日行え無い、問題点こーしたらいいを書いて貼る。
有る大手がやってるのTVでみました。

 

上と下に分けて、下が却下で管理してる人がコメントしてました。
インデックス活用してましたよー

 

 

メンバー①
メンバー①

なるほど、そういう手段もありましたか

 

メンバー③
メンバー③

病院時代は、介護と看護副主任と看護部長で、

第3(木)の1時半~2時迄でした。

 

 

メンバー⑤
メンバー⑤

月に一度で開催しています。

本社から年間の開催内容が届いています。
それに沿うこともありますが、

急遽議題を変えて実施する事も度々です。

内容にはいつも頭を悩ませます。資料作りが大変。

 

 

スポンサーリンク

 

運営
運営

類似してこのような議題も

挙がりました。

 

 

議題
議題

担当者会議、カンファレンス等の会議は通信で補えないですか?

 


 

メンバー①
メンバー①

だめです!!
出席できない場合はFAX等で照会をしなくちゃいけません。

これを守らないと減算になります。
減算案件なので、ちゃんとインテークしてアセスメントし

暫定ケアプラン作成する。

 

そして本人の同意を得て、一ヶ月に一回モニタリングをし、記録に残す。
カンファレンス、サービス担当者会議は義務化されると言うことです。

本人の家でが前提なので!

 

メンバー②
メンバー②

今通信による診察も導入されているところもありますが、

それについては減算とかあるんですかね?

 

メンバー⑤
メンバー⑤

居宅療養管理指導と言うものがあります

本来は医師もカンファレンスへの参加した方が

良いですが診察の合間なので無理ですよね?

そう言う時に照会をするんです!

診察の場合は介護保険ではなく医療保険になるから

保険がそもそも違うんですよ。

 

メンバー⑦
メンバー⑦

なるほど、よくわかります。

ご意見を含んだ上で、あえてIT化て出来ないですかね?

 

メンバー①
メンバー①

変えるためには法律を変えなくちゃいけません
制度は法律を元に作られるので、

実現するには誰かが言わないとだめですね

まぁ便利は便利ですけど、

その機材を誰か負担するのか?など

色々解決しないといけないことは多いとおもいますね!

 

メンバー④
メンバー④

当者会議の出欠の確認がありますが、

利用者様全員のケアマネさんからではありません。

 

訪問予定がない場合、調整して行ける場合は

担当マッサージ師がお伺いしていますが、

難しい場合は治療院から上司が出席することもあります。

 


結論
結論

会議等には頻度も方法もバラバラでしょうが

何より密に、そして効率的に行うべきでしょう。

課題
課題

理想の開催頻度は?

結局毎日が理想なのか?

運営
運営

引き続き、皆様のご意見お待ちしています!

 

 

コメントはこちらから