初めてギジロクを読む方へ

まずは説明書を一読下さい。
ギジロクの読み方についても解説をしています。

掲載内容
◎カフィとは?
◎カフィの活動内容
◎サイトマップ
◎参加希望
◎ギジロクの読み方
◎SNSもあります☆

おすすめ ギジロク

【追悼】冥福を祈りますとは?②

KAFFY人気記事ランキング


今月読まれているギジロクはこちら
この記事は約10分で読めます。


スポンサーリンク

 

運営
運営

続きになります!

 

 

 

 

おさらいはこちらから

【追悼】冥福を祈りますとは?①
ショッキングなニュースでした。 まだ実感が沸かない中でこのような議論が飛び交いました。

 

 


 

メンバー
メンバー
コメント失礼致します。
「死にたい」との手記があったそうですね。
「死にたい」と想い「死」を選んだ人がいる一方で、
「死にたい」と思わせ、「死」を選ばせたこの世の中も、
確かに存在していることを忘れてはいけない気がします。

 

 

メンバー
メンバー
今、メディアでも『自殺』という表記が問題視されてます。
自殺とは自らを殺すという意味ですが、
その多くは追い詰められた末の死と言う選択であり、
追い詰めた社会にこそ問題があるということが、
WHOをはじめまして多くの専門家が私的なしてます。
この議論でも多くの方が自殺ではなく自死という表記をされてます。
自死とはまだ一般的な言葉ではないので、
意図して選ばないと表記されません。
弱いのは自殺した人ではなく、自死に追い込んだ社会です。
ボーナブルサポートの基本理念ですね。

 

 

メンバー
メンバー
自殺と自死、勉強になります。
そうですよね。
「弱い から自殺を選んだ」と、
自殺した人の心の弱さを原因にして暗に表現してるのをみると、
なんだか悲しいです。
「弱いのは自殺した人ではなく、自死に追い込んだ社会」
であるという考えのボーナブルサポートの基本理念。
勉強になります。

 

 

メンバー
メンバー

自殺は一番かどうか知りませんが

確か罪は重たかったんじゃなかったかな…

 

天国や地獄、宗教的な考えを持たない人には理解しがたいけどね。

 

 

 

メンバー
メンバー
人の命は神様から授かったのも。
その意思に背いて人が人の命を奪う事は、
自殺であれ他殺であれ重い罪だというのは神教で多く云われていますね。
でもその一方で、
全ての罪は死によってリセットされるという考えもまた多くあります。
どんな極悪人も、死んだ後もその悪事を続ける事は出来ません。
生前の罪を、死後にも課すならば、死とはどんな意味をもつのでしょうね。

 

 

メンバー
メンバー
私はクリスチャンですが、
キリスト教の教えも今は昔より変わって来て、
「鬱状態など、精神疾患の人が自殺した場合、
それは症状がその人を死に至らしめた」として、
その人の自殺を必ずしも罪に問わないようになって来ています。
つまり精神疾患により自殺した人にも、
天国に行ける道は開かれているということです。
ただ、私も精神障害者ですが、
死を選びたいとは、現在は思ってないです。
症状が安定してきたという理由もありますが、
自殺によって、これまで人生の中で私が積み上げてきたものが
一瞬で崩れ去ってしまう、と思うからです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

メンバー
メンバー
自死を選ぶ方の心理を『死を望んでる』と考える方。
『死んだら楽になる』
『死ねば幸せになる』
自死者はそう考えてると思ってる方。
それ故に自殺を美化し自死を神格化してるコメントは多く見られます。
自分はそうは思いませんし、事実自殺を思い止まった方は
そんな気持ちではないと語ってるという事を学んでます。
家に引きこもる方も、外に出たいという気持ちが
全くないわけではなく、外に出る不安が大きいというだけなのです。
不安が大きいことに焦点を当てるか?
本当は出たいと思ってる事に焦点を当てるか?
それによりその方の心理の解釈は大きく変わってきます。

 

 

メンバー
メンバー

幸福になれるかどうかより、なってほしい。

だからこの議論の提起には、疑問ですね!

 

 

 

メンバー
メンバー
お邪魔します。
どんな理由であれ、己れの命を絶つことは
人間に認められている権利ではありません。
(少し抽象的、観念的ですが)
どんなに つらくても与えられた人生を
“生き抜く”義務がわたしたち人間には
あると思うのです。
いじめ、虐待、仕事で行き詰まった、人間関係に絶望した、
…等々、その人の置かれた その状況でしか解らない事は あれど、
自分の命の幕を引いてしまう前に、その耐え難い状況から離脱し、
そんな許せない人や物事のために自分を殺しては絶対に いけない、
利用できるものは人でも物でも公的なサービスでもなんでも良いから
利用し尽くして、この世に踏み留まりなさい、と言いたいです。
15年前、三つ下の従弟が職場のトラブルが原因で心を病み 自殺しました。
当時、仕事の都合で真摯に悩みを聴いてやれなかった後悔が、
今も強く残っています。
他人事ではないと思いましたので、僭越ながら筆を執りました。

 

 

メンバー
メンバー

生きる事を義務と言うと追い詰められます!

生きるのは権利です!

生きたいと思える社会をつくることが義務ならわかります!

 

 

 

メンバー
メンバー
言い方がキツかったなら お詫びします。
また、心に弱さを抱えている人が私の駄文を読んで、
気を悪くされるリスクも 勿論考えました
が、
生命を救い 守り 支える、これらを生業とするナースにとって、
生ぬるい表現で自殺を権利として認めることは出来かねる、
というより絶対に出来ない事でありますので、
稚拙なナースのいち意見として読んで頂けたら
幸いです。以上

 

 

メンバー
メンバー
生きることは義務です。
安楽死や尊厳死も、その義務の延長だからこそ意味があるのです。
自殺する人の自殺する権利を主張するのは、とても違和感があります。
『自殺して良かったね』なんて言ってる人は、自分なら軽蔑します。
人は1人で生きてるわけではありません。
親や親族、友人知人、誰かに支えられ、
そして誰かを支えて生きる事は成り立ちます!
それは、人間に殺人強盗傷害等の権利が無いのと同じ理由であり同じ事です。
このような話題を避けるべき!
慎むべき!
そう言い放つ人ほど、命を軽んじてるのだと思います。
自らで自らの命を断つことは罪です。
でなければ、自殺した人は死んで終わりになります。
命を、軽んじてはなりません!!

 

 

メンバー
メンバー

生きること義務ではない!

 

そんな、プレッシャーを与えることは危険だとおもう!

 

義務の根拠はなんですか?

宗教も法律もありえないわな!

 

 

 

メンバー
メンバー
プレッシャーを与えなければ
自殺を止められるのですか?
それとも、自殺を奨励してるのですか?
目の前で自殺しようとしてる知人にかけるべき言葉は、
『死ぬな!』ではありませんか?
それ以外の言葉がありますか?

 

 

メンバー
メンバー
この事について、共感してくれる人と(ネット上とは謂え)
出逢えた事はとても嬉しいです。
また この死生観はその人その人個人個人の、
生きてきた過程道程(みちのり)宗教観 考え方
生き方そのもの等々 複雑な要素が絡み合っており、
完全な意見の一致や見解の相違を埋めるのは難しい、
というよりまず不可能です。
ここは(このサイトは)交わらない意見を
ぶつけ合っても、傷つけ合ったり中傷し合うための
場所ではない筈ですなので、双方この辺りで
鉾を収めましょう。それで良いですね

 

 

メンバー
メンバー
人は弱い生き物です。
死を選択することが常に正しいとは限りません。
宗教や法律は、そんな弱さを律する為にあります。
関係ないと書くのは暴論でしかありませんよね。
自殺擁護論者は無責任に自殺を美徳とし、頑なに自殺者を神格化しますね。

 

 

メンバー
メンバー
自殺は起こってしまったことです。
それをどう捉えるかで、その人の死の価値が決まります。
人の死の価値は、どのような死に方であろうと
変わらないとの主張もありますが、その価値が上がること
(その死が特別に神格化されること)はありませんが、
何かに利用されて下がることはあります。
確かに宗教も法律もありえないは、
その死を軽いものにしてしまいますね。

 

 

メンバー
メンバー
死にたくないけど
この まま生きたくないってこともあるのかも
意識あるままの寝たきりとかって
死にたくても死ねないって辛いかなとも思います

 

 

メンバー
メンバー

自然死を望む事と自殺する事は違うのではありませんか?

 

メンバー
メンバー
すみません
説明下手でしたね。
生きることに絶望したら自殺を選んでしまうのかなと思います
俺の場合、家族がみんな居なくなったら生きていく自信無いので

 

 

メンバー
メンバー
そうですね、本人の意思と関わりなく
カラダじゅうにチューブを繋がれ
拘束されているのが果たして生きていると
謂えるのか、それが生命の摂理に則った事なのか。
これはもう、百人が百人とも異なる意見 見解を
持っている問題ですね。

 

メンバー
メンバー
死後の世界で、自殺した人たちが幸せになれるか、
という問いを応える時、本人が幸せになりたいか?
周りからみて本人が幸せになる資格があるか?
周りがその人に幸せになってほしいか?
とのようにいろんな解釈が考えられます。
自殺経験を持つ親族がいる私は、
どんな設問においてもNOという答えが導くことができませんでした。
唯一、死後に幸せになる方法があるか?という設問だけ
、はっきりした答えが出なかったのですが…
あっ、重要なことを言い忘れました!
それにしても、私は自殺賛成派ではありません。

 

メンバー
メンバー
幸せか⁇という問いかけたら
様々な苦しみから逃れて楽だと思いますが、
それが幸せかはきっと本人にしかわからないと思います。
ただ、残された方々はきっと何で気づかなかったか⁇
という思いがあるし、苦しみます。
私は1度、生きることを諦めようと考えました。
生きることから逃げたかったけど、出来なかった。
そこまで強く思ってなかったかもしれませんが、
辛くても逃げたくても、強く生きていかないと…。
と思ってます。

 

 


 

運営
運営

突然のニュースにショックを隠せない方も

多くいるのではないでしょうか?

私もその一人です。

こちらの議題は答えが出ないと思います。

ですが、皆それぞれに命について

真剣に向き合う事が、我々の生きる意味に

繋がっていくのではないでしょうか?

 

改めてご冥福をお祈りします。

 

 

 

コメントはこちらから